沖縄 伝統工芸 石垣島 ”愛の証” 手織り 八重山ミンサー 八寸名古屋帯 8nobi751:あすかや - 03e65

2019-07-07
カテゴリトップ>>名古屋帯>八寸名古屋帯
沖縄 伝統工芸 石垣島 ”愛の証” 手織り 八重山ミンサー 八寸名古屋帯 8nobi751


◆新品 未仕立 綿100%
◆植物染、化学染料
◆沖縄県伝統工芸品の証 沖縄県織物検査合格の証
◆経済産業大臣指定伝統的工芸品の証
◆製作:みんさー工芸館
◆地色 カナリア色(ストロングイエロー)系
◆お洒落用に

八重山ミンサー(やえやまみんさー)
1600年代から沖縄の八重山地方では「みんさーふ」と 呼ばれる紺絣の角帯が織られてきました。婚約成立のあかしとして、女性から意中の男性に贈る習わしがあり、市松文の五つと四つデザインした柄が交互にならぶのが特徴で、この模様は 「いつの世までも変わらぬ愛を誓う」 と言う意味があるのだそうです。絣は手括(くく)りで先染めのたてうね織、 緯糸の打ち込みには、手投げ杼(ひ)または刀杼を用いて織られます。

石垣島のある八重山地方で350年も前から伝えられて来たものでございます。八重山ミンサーは木綿糸で織られており糸は、野山に自生する植物染料などで南国的な自然の色合いに染め上げられます。

NHKの「ちゅらさん」で子供時代の恵理が文也くんと分かれるときに、「大きくなったら結婚しようね」と言いながら手渡したのが、みんさー織のお守りでございます。

しっかりときめ細かく織り込まれた帯地は、綿糸独特の柔らかさと張りがあり、締めやすく緩む事がございません。天然の素材がかもしだす素朴な質感と、伝説にこめられた南国の心を、身に纏ってみてはいかがでしょうか。

大島紬、久米島紬、琉球絣、結城紬などに最適でございます。無地感覚の紬に合わせると、着姿に表情がでてステキではないでしょうか。

■適応着物種■
 小紋、紬、浴衣
■シーン■
 同窓会、あつまり、デート、ショッピング
■適応シーズン■
 1年中
■適応年代■
 10代〜70代くらいまでの方に


※↑の写真をクリックすると拡大します。
 
価格
42,000円 (税込)送料無料
お仕立て方法  
パールトーン加工 有+7560円 
加工仕立無し通常1-3日内発送予定水日祝除
個数
未選択項目があります
選択肢を選んでから買い物かごに入れてください
未選択項目があります
選択肢を選んでから買い物かごに入れてください
お気に入りに追加
お気に入りに追加
レビューを書く
この商品の配送方法
  • 宅配便
  • 国際配送