山野草:純ワレモコウ 10.5cmポット苗100ポットセット【送料無料】:紫桜館 山の花屋  - 6d2d2

2019-05-11
カテゴリトップ > 開花時期から探す > 秋に咲く植物 > ワレモコウ > 純ワレモコウ(通常のワレモコウ)
山野草:純ワレモコウ 10.5cmポット苗100ポットセット【送料無料】

●商品情報 【山野草】【耐寒性多年草】【宿根草】【切り花向き】【供え花】【茶花】【日本自生種】
 商品名:ワレモコウ(われもこう)
 和名:吾亦紅、吾木香
 学名:Sanguisorba officinalis L.

●商品説明
 通常の赤穂のワレモコウです。日本の山野でごく普通に見られる植物で、冬は地上部が枯れて根の状態で越し春に再び芽を出して生長する多年草です。夏から秋にかけて茎の先端に小花がたくさん集まって卵形を成した花穂を付けます。花は渋い赤色でひかえめな花ですが、バラ科のためとても良い香りがします。花も次々と咲きだすため2週間ほどは楽しめます。


●草丈
 50cm〜1m

●科/属名
 バラ科ワレモコウ属

●特性
 多年草

●開花時期
 8〜10月

●植え付け適期
 春か秋 ※真夏の植え付け(植え替え)は避けましょう。
 夏に植え付ける場合はポット(鉢)苗のまま花を楽しんだ後、花茎を切り落とし、土をなるべく崩さずに植え替えましょう。その後根付くまで1週間程はたっぷりと水やりをして下さい。

●管理場所
 水はけの良い日向

●育て方
 日当たりの良い場所を好みます。暑さにも寒さにも強く、初心者にも育てやすい植物です。やや湿り気のある肥沃な土を好みますので、山野草の培養土に腐葉土を適量混ぜて用いるとよいでしょう。
 水やりは、土の表面が乾いたら与えましょう。水切れは厳禁です。夏の水切れを避けるために、株元にマルチングをしてもよいでしょう。
 丈夫な野草のイメージがありますが、肥料好きな植物です。地上部が枯れる秋までは、月3回程度草花に与えるのと同じ濃度の液体肥料か、3ヶ月置きに置き肥を与えます。しかし、あまり多肥にすると、病害虫にあいやすくなるため気を付けましょう。植え替え・株分けは、春に行いましょう。



●アレンジイメージ
お供え花に使われるお花たちも、生け方を変えるとこのようなアレンジもできます。これは派手でお供えには向きませんが、ただザックリ生けただけでも華々しさがあります。

使用したお花たち
(植物名をクリックすると商品ページに移ります)
●ミソハギ
●オミナエシ
●ワレモコウ
●エキノプスベッチーズブルー
●白露キョウカノコ
●タカノハススキ
●リョウメンシダ




その他の関連商品はこち
ら

通常の吾亦紅
価格
37,400円 (税込 40,392 円)
※最安送料での配送をご希望の場合、注文確認画面にて配送方法の変更が必要な場合があります。
※離島・一部地域は追加送料がかかる場合があります。
3営業日以内に発送します
個数 
未選択項目があります
選択肢を選んでから買い物かごに入れてください
未選択項目があります
選択肢を選んでから買い物かごに入れてください
お気に入りに追加
お気に入りに追加
レビューを書く