在庫あり■SOUNDPURE 赤外線ワイヤレスマイク2本+受信機+充電スタンドセット SPK-030:楽器のことならメリーネット - 72e22

2018-11-03
カテゴリトップ > PA > マイク > ワイヤレスシステム > sound pure
在庫あり■SOUNDPURE 赤外線ワイヤレスマイク2本+受信機+充電スタンドセット SPK-030
【セット内容】ハンドマイク×2/受光器(10mケーブル付)×1/受信機×1/充電スタンド×1
新技術を搭載したSOUNDPURE 赤外線ワイヤレスマイク
スタッフのコメント:
混信対策や情報漏洩対策に最も有効な赤外線方式のワイヤレスマイクです。赤外線ワイヤレスマイクをお勧めする最大の理由は、受信範囲をコントロールできる、という点にあります。

お勧めシチュエーションとしては、カラオケボックスや貸会議室はもちろん、電波が多数飛んでいる教室、展示会場や雑居ビル内、既に設備へワイヤレスシステムが組み込まれているホテル・体育館・ホールなどにお勧めです。
業務用赤外線ワイヤレスマイクといえば、audio-technica(オーディオテクニカ)社が発売するシステムが圧倒的なシェアを持っていますが、SOUNDPUREの赤外線ワイヤレスシステムは、個人の方にも手が届きやすい価格帯で取り扱いを致しております。
業務用途にも耐えうる細やかな設計にもかかわらず、800MHz帯ワイヤレスマイクと同等の価格帯でお求め頂けるようになりました。

昨今、AKGのWMS40PROMINIを筆頭とした周波数固定形のB帯ワイヤレスシステムが普及しておりますが、普及するにつれて近隣設備で同様の機材が導入されることによる、混信トラブルもお問い合わせとして増えております。B帯ワイヤレスシステムは免許不要でどなたでも使用できる規格となります。
過去の例では、オフィスビル内でワイヤレスマイクを使用していると、突然違う会社の会議の音声が受信機に入力されるようになった、ということもありました。これは、たまたま同一時間に同一周波数でマイクが運用されてしまったことによって生じる症状です。B帯ワイヤレスシステムの電波は、壁などの遮蔽物も透過する為、電波の受信範囲をコントロールすることは非常に困難で、使用する際も周囲の設備や既存のワイヤレスマイクに影響を与えないように配慮が欠かせません。

一方の赤外線ワイヤレスマイクは、光で音声を飛ばし、受光器で信号を捉える方式になります。遮蔽物は透過しない為、ワイヤレスマイクの受信範囲をコントロールすることができます。受光器は基本的に壁の高い位置に取り付けて、受光器〜ワイヤレスマイク間で見通しの良い状態を作ります。受光器は最大で4基まで接続できるため、受光器の増設により、電波のデッドポイントを減らすこともできます。このように、受光器とハンドマイクの位置関係が重要となる為、主に固定設備に導入されるワイヤレスマイク方式になります。

混信のリスクがある、既存のワイヤレスマイクに混信しないマイクを増設したい、というご要望には赤外線ワイヤレスマイクを是非ご検討下さい。
周囲に一切ワイヤレスマイクが運用されておらず、今後も増える事は無い、という現場にはB帯ワイヤレスのSP80112-VDUALセットやSPv8011s-VDUALセットもご検討頂けましたら幸いです。

【主な特長】
・マイク本体にジャイロセンサーを搭載(特許出願中)落下を検知するとマイクをミュートしスピーカー等の周辺機器を保護します。
・約9秒間マイクが動かなかった場合、省エネのためスリープモードにできます。(機能OFFも可能)
・受信機の端子にはRCAピンジャックを搭載。PHONEジャックに比べ、埃などのゴミが入りにくく、接点不良のリスクを軽減しています。
・受信機側で出力レベルをMIC/LINEの切り替えができます。
・ハンドマイクの単品販売もあります。

【ご購入前にご確認下さい】
周波数帯は2.06MHzと2.56MHzとなります。トーンスケルチはありません。
audio-technica(オーディオテクニカ)の赤外線ワイヤレスシステムと運用チャンネルが一致する機種があるため、設定によってはオーディオテクニカの受信機で電波を受信します。既存のaudio-technica ハンドマイクと同時に使用される際にはご注意下さい。

【主な仕様】
送信周波数帯 赤外線 2.06MHz 2.56MHz
型式 ダイナミック
指向性 単一指向性
最大同時使用可能数 2チャンネル
電源 マイク:単三ニッケル水素電池
受信機:12V
動作時間 出力Hi:約4.5時間
出力Low:約8時間
保証期間 ご購入後1年間(弊社保証規定に基づく)
外形寸法 径59mm×255mm
重量 約304g (電池含む)
製造 デザイン設計、技術提供、生産管理ic部品 = 日本
組立工場 = 中国

【Q&A】
Q.他社製のワイヤレス受信機・ワイヤレススピーカーにも使用できますか?
A.2.06MHz 2.56MHzで搬送する赤外線受信機では音声を受信することができます。

Q.電波はどのくらい届くのでしょうか。
A.電波距離は見通し距離で約16m、出力Low時は約12mとなります。

Q.マイクのほかに必要なものはありますか?
A.音声出力用のアンプやスピーカー等は付属していません。マイクの音を出す為には音響機器が必要となります。

Q.修理はできますか?
A.はい、日本国内にメーカーがございますので修理対応も可能です。
現状ではマイクユニットや基盤など一通りの修理が可能なだけの部品をストックしております。 部品の保有がある限り修理のご対応が可能です。しかしながら、マイクの単品が安価なため、破損があまりに大きな場合は、修理よりも買い替えをお勧めする場合がございます。

ご確認ください。
※製品の仕様及びデザインは改良のため予告なく変更することがあります。また、モニタの設定などにより色調が実物と異なる場合がございます。ご購入後に思った色と違うなどでのご返品はお受けできません。









【メーカーサイトより】
クリアーで鮮やかな音色を目指しました。
衝撃に強くハンドリングバランスが良い長く持っても疲れにくい。

カラオケ現場より進化したマイク特別な機能を搭載!!

業務用 タフなマイク!!
間違ってマイクを落とした時、加速度センサーにて瞬間OFF!!衝撃音を防ぎスピーカー等の機材をまもります。(落下感知距離約40センチ以上)

電源を入れたまま約7秒間放置すると音声電源OFF!!
バッテリーの消耗を抑え、ハウリング雑音を防止!
赤外線マイクにジャイロセンサー搭載 (特許出願中)

レシバーの接続端子は調理やタバコのスラッヂによる
接触不良トラブルに強いゴールド仕様RCA端子を採用。

【当社コメント】
お勧め用途:会議室・展示会場・カラオケボックス・スナック・バーなどの固定設備用ワイヤレスマイク

混信対策に有効な赤外線方式のワイヤレスシステムです。近隣設備でワイヤレスシステムが運用されている場所には、赤外線マイクがお勧めです。赤外線ワイヤレスマイクの電波は壁などの遮蔽物を透過しない為、電波の受信範囲を絞ることができます。
壁越しに複数のワイヤレスマイクを使用する機会のある教室や会議室にはこちらの赤外線ワイヤレスマイクが適しています。また、ワイヤレスマイクが乱立するような都市部でのカラオケには、赤外線ワイヤレスマイクをお勧め致します。

■過去に他ワイヤレスシステムをご利用の方よりお寄せ頂いたお問い合わせ
” 周波数固定型のB帯ワイヤレスシステムを使用していたところ、突然他施設のマイクの音を受信するようになってしまった。
今までは問題無く使用できていたのに、ある日突然混信するようになってしまった。"
お話をお伺いすると、近隣設備で同じ周波数固定型のB帯ワイヤレスシステムを導入されたと推測されます。周波数固定型ワイヤレスマイクの場合、周波数を逃がして混信を回避することが出来ない為、解決策は以下の2点のみとなります。

1:近隣施設と相談、使用時間をずらす
2:ワイヤレスマイクの買い換え

先にワイヤレスマイクを導入されたにもかかわらず、後から導入された他店舗のマイクによって手持ちのマイクが使用できなくなった心苦しい例でした。

・赤外線ワイヤレスマイクの場合…
赤外線ワイヤレスマイクを使用する場合は、上記のようなトラブルは生じません。遮蔽物を透過しない為、壁で仕切られた部屋を越えて電波を拾うということはありません。

・留意点
B帯ワイヤレスマイクと異なる点として、受信機に"受光器"を繋ぐという点がございます。受光器はB帯ワイヤレスマイクで言うところのアンテナの役割を担います。赤外線ワイヤレスマイクにおいては、こちらの受光器の設置位置が電波の安定性の意味で非常に重要となります。
赤外線ワイヤレスマイクは音が切れる、というイメージをお持ちの方も多いはずです。確かに、マイクと受光器の間に遮蔽物があると特性により受信感度が低下してしまいます。受光器とワイヤレスマイクの間に遮蔽物が無ければ、安定してお使い頂けます。基本的な設営方法としては、受光器をなるべく高い位置に設置して、受光器→ワイヤレスマイク間の見渡しを良くする等の対応をしております。

※ガラスなど、光を通す材質は受光することができます。

■ハンドマイクの仕様
送信周波数帯 赤外線 2.06MHz 2.56MHz
型式 ダイナミック
指向性 単一指向性
最大同時使用可能数 2チャンネル
電源 マイク:単三ニッケル水素電池
受信機:12V
動作時間 出力Hi:約4.5時間
出力Low:約8時間
保証期間 ご購入後1年間(弊社保証規定に基づく)
外形寸法 径59mm×255mm
重量 約304g (電池含む)
製造 デザイン設計、技術提供、生産管理ic部品 = 日本
組立工場 = 中国

■受信機の仕様
チャンネル数 2チャンネル
受信周波数 Ach(2.06MHz)、Bch(2.56MHz)
受光器接続端子数 4つ
音声出力端子 RCA ピン × 2
出力レベル マイク/ライン切り替え対応
電源 DC12V 400mA(付属ACアダプターによる)
外形寸法 W402mm × D103mm × H35mm(除:ツマミ・接続端子)
付属品 ACアダプター

■受光器の仕様
受信周波数 Ach(2.06MHz)、Bch(2.56MHz)
ケーブル長 10m
外形寸法 W78mm × H39mm × D16mm
教室・カラオケ・スナック・会議室にお勧め
価格
49,900円 (税込 53,892 円)
※最安送料での配送をご希望の場合、注文確認画面にて配送方法の変更が必要な場合があります。
※離島・一部地域は追加送料がかかる場合があります。
送料/北海道・沖縄は1,000円   
1〜2日以内に発送予定(店舗休業日を除く)
個数 
未選択項目があります
選択肢を選んでから買い物かごに入れてください
未選択項目があります
選択肢を選んでから買い物かごに入れてください
お気に入りに追加
お気に入りに追加
レビューを書く