ワイン_01 > フランス(ブルゴーニュ) > ブルゴーニュ Q R S T > ロベール・グロフィエ > ロベール・グロフィエ:ワインセラーパリ16区 - 27afc

2019-08-12

ロベール・グロフィエ シャンベルタン・クロ・ド・ベーズ [2012]
早いところでは8月末から収穫がスタートした2011年のブルゴーニュの葡萄収穫。多くの蔵は9月の中旬にはほぼ終了。生産者の仕事の丁寧さが結果にでるヴィンテージといえるかもしれません


≪以下リアルワインガイド42号より抜粋≫
ロベール・グロフィエの11年は凄い!と毎年ここのワインは凄いと書いているが本当なんだから仕方ない。3代目のニコラ・グロフィエがワインを造るようになってからというもの、進化が止まらない。11年のグロフィエは確かに10年程の構造や力をそれほど持っていないが、力のあるワインだけが高評価される時代は既に終わっていると思う。もっとワイン全般のスタイルや味わい、調和感、複雑性、しなやかさ、品位などを探って評価すべきだ。ともかく調和がとれ、味の乗りは抜群、複雑性たるや数少ないトップドメーヌのそれだ。騙されたと思ってどのワインでもいい。是非飲んで欲しい。
現在のブルゴーニュがここまで魅力的で美味しいものかと一発でわかるから。ニコラ曰く「凝縮感でも重みのある凝縮感と空気が入ったような軽さのある凝縮感がある。11年はマロ発酵を遅らせて軽めの凝縮感を出せた。また、長熟型のワインが良いとよく言われているが、自分の造りたいのは『長く楽しめるワイン』。11年はそういうワインだと思う。

1〜3営業日以内に発送
残りあと2本です
個数 
お気に入りに追加
お気に入りに追加
レビューを書く
この商品の配送方法
  • 宅配便
  • クール便
ラッピング対応